水曜日, 10月 18, 2017

女性の年齢と妊娠率の低下の関係

一般的に、女性は高齢になるほど妊娠率/出産率が低下していきます。

その原因の一つが、卵子の老化が引き起こす染色体異常にあります。
常に新しい精子が作られる男性と違い、女性は生まれた時点で卵巣の中に一生分の卵子を持っています。

その数は年齢の経過と共に減少していき、新たに卵子が作られることはありません。
女性の卵巣は卵子を作る場所ではなく、卵子を保存している場所と言えます。

卵巣の中の卵子は女性と共に年齢を重ねていきます。20歳の時に排卵した卵子は女性と同じ20年が経過した卵子、30歳の時に排卵した卵子は30年が経過した卵子ということになります。
この年月の経過により、卵子の質が低下することで染色体異常を引き起こします。


女性の年齢と卵子の染色体異常率
女性の年齢と卵子の染色体異常率
こちらは、女性の年齢と卵子の染色体異常率、出産率、流産率を示したグラフです。
35歳を過ぎた頃から染色体異常率と流産率が上昇を開始し、それに伴い出産率が低下していきます。

40歳では卵子の50%に異常が見られます。仮に10個の卵子が採卵できたとしても、その内5個は異常な卵子である可能性が高いことになります。

40歳を過ぎた方が体外受精を繰り返しても結果が出ない原因は、この卵子の老化が引き起こす染色体異常にあります。


女性の年齢と妊娠率/出産率
女性の年齢と妊娠率/出産率
このグラフは日本の厚生労働省にあたる台湾の衛生福利部発行の白書による、女性の年齢と妊娠率/出産率の相関図です。

35歳を過ぎると顕著な下降が見られ、43歳では5%まで低下しています。
つまり、この年齢での体外受精はわずか5%の成功率の治療を続けていることになります。
38歳の時点でも、既に20%を下回る確率の治療となっています。

台湾では卵子の老化による妊娠率の低下を考慮し、高齢の患者様に対しては若いドナーの健康な卵子を用いた卵子提供治療を提案しています。

次回は、卵子提供治療についてご説明いたします。

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com