木曜日, 10月 19, 2017

卵子提供ドナーの採卵治療

今回も、引き続き当院コウノトリ生殖医療センターの卵子提供ドナーについてご紹介いたします。
本日は、ドナーの登録から採卵までの流れについてです。

卵子提供ドナーの登録から採卵まで


 卵子提供ドナーの採卵までの流れ
卵子提供ドナーの採卵までの流れ


 Step1 審査
コウノトリでドナー登録を希望するドナーは必ず電話での聞き取り、面接、医師の問診、健康検査の4段階の厳しい審査を行います。

評価基準は遺伝性の病気の有無、精神疾患の有無、感染性疾患の有無、卵巣機能、さらに喫煙や飲酒の有無、薬物の使用歴などの生活習慣の確認も行います。

最終的に政府によるドナー資格の審査を経て、ようやくドナーとしての資格を得て、卵子提供を希望する方とのマッチング待ちの状態となります。


 Step2 マッチングを待つ間の健康管理
マッチングを待つ間、ドナーは毎月コウノトリ生殖医療センターと連絡を取り、毎月の生理状況を報告します。
規則正しく生活をして、バランスよく食事を取り、しっかりと健康管理を行います。また、自身が妊娠をしないように対応をする必要もあります。

良好な健康状態を保つのは、ドナーとして採卵治療を受ける際の負担を軽減して、副作用の発生率を抑えるとともに、沢山の卵子を採取できる可能性を高めるためでもあります。


 Step3 治療の開始と採卵
卵子提供を希望する方とのマッチング完了後、治療に入る準備を開始します。治療の前は鎮痛剤や漢方など治療の妨げとなる薬の服用が禁止されます。

治療の開始後は、ホルモン注射の使用により血栓ができやすくなるため、毎日2000ml以上の水分をとる必要があります。

医師から指示された日に通院をして卵子の発育状況を確認をする必要がありますので、治療のために休暇を取る場合もあります。

ドナーの多くは初めての採卵手術となるため、手術の際の緊張感や不安感を考慮して浅い全身麻酔を行います。少しの眠りから覚めた時には、既に採卵は完了しています。


 Step4 採卵後
一部のドナーは体質の関係で、排卵誘発注射の効果が強く現れることがあります。

多くの卵子が採卵できることにはなりますが、採卵手術後に 卵巣を過度に刺激してしまうリスクがあります。

医師が排卵誘発剤の種類を調整して対応する以外に、コウノトリ生殖医療センターは治療中から採卵完了後の次の生理を無事に迎えるまで、常にドナーと密に連絡を取り身体の状態の変化に気を配っています。

善意で卵子提供を申し出てくれたドナーの身体に負担がかからないよう、私たちは願っています。



[ドナーからのメッセージ]

ドナーからご夫婦へ送られたメッセージを一通ご紹介します。
愛にあふれた、優しい心遣いを感じてください。

卵子提供ドナーからご夫婦へのメッセージ

「お父さんとお母さんへ
コウノトリ生殖医療センターから連絡があり、無事に赤ちゃんが産まれたことを知りました!
赤ちゃんは可愛いですか?二人とも、本当にお疲れ様でした!
本当に不思議な感じです。赤ちゃんが、健康で喜びにあふれた人生を送れるように願っています。そして、お二人が素敵なお父さんとお母さんになれることを信じています。がんばってください! ドナーより」

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com