火曜日, 10月 24, 2017

台湾で卵子提供ドナーになるための資格は?

台湾には、日本と同様に善意を形にするための様々な制度があります。
衣類の寄付や募金などを通して、それを必要とする人を助けることができます。
進歩した医療技術により、献血や骨髄ドナー、臓器ドナーなどを通して誰かの命を救う手助けもできます。

では、長年に渡り不妊治療を続けて心身ともに疲れ果ててしまったご夫婦に、何かできることはあるでしょうか?


一部の病気や免疫上の問題をかかえる方などを除き、一般的な不妊治療の最終段階では、高齢化や卵巣機能の衰退、卵子の質や量の低下、染色体異常率の上昇により成功率が低下していきます。
これは、直視しなければいけない現実です。
 
しかし、この時に善意のドナーから若く質の良い卵子の提供を受けて卵子提供治療に入ることができれば、不妊に悩み続けていたご夫婦も子供を抱くことができ、子供がいる家庭を持つという夢をかなえることができます。



ドナーになるための資格は?

 人工生殖法の第2章第7条、第8条、第10条の規定により、以下の条件を満たさなければ卵子提供ドナーにはなれません。

1.20歳以上、40歳未満の女性
2.検査や調査により、以下の項目を満たしていること
(一)一般的な心理状態、および生理が正常であること
(二)家族や本人、四親等内の血族に遺伝性疾患の記録がないこと
(三)健康を妨げる遺伝性疾患や感染性疾患を有していないこと
(四)その他管轄機関の定めた事項を満たしていること
3.ドナーは無償とする
4.過去に卵子提供をしていないこと、あるいは過去に卵子提供をした際の卵子が出産に至らず、その卵子が残っていないこと

台湾では、一人の女性が一生で一度だけ、一組のご夫婦に卵子を送ることができます。

卵子提供は彼女たちにとって、ご夫婦への善意と愛にあふれた祝福の気持ちであり、時には自分自身の生まれた意義を確かめるものです。

コウノトリ生殖医療センターでドナー登録を希望する女性は、必要な検査や調査を行い、政府の資格審査を経て卵子提供を行うことができます。

当院では、不妊に悩むご夫婦が可能な限り早くお子様に出会えることを願い、治療の成功率を高めるために、政府の規定よりも更に厳しく年齢制限を行い、健康検査の数値目標もより高く設定しております。

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

卵子提供説明会

2019年卵子提供 福岡説明会のお申し込み開始

2019年卵子提供 説明会のお申し込みサイトをオープンしました。 お申込みはこちらから⇩⇩⇩ https://jp.icryobank.com/japanseminar/ お申し込みの際は、氏名、電話番号、メールアドレスお間違いないようご確認のうえ、お申し込みくださいま...

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com