木曜日, 10月 19, 2017

卵子提供ドナーの決定方法

前回のブログで、当院がドナー登録を受ける際の基準についてお話をしました。

卵子提供ドナーについて


今回は、治療を受けるご夫婦がドナーを決定する際の流れについてご説明します。

卵子提供ドナーの決定方法




卵子提供による治療を始める際に、ご夫婦からドナーに対する希望条件を伺います。
いただいた希望条件を参考に、ご夫婦と血液型、種族、皮膚の色が適合するドナーが優先的に選ばれます。

次にその他の条件、身長、体重、学歴や個別の希望を当院の担当者と確認していきます。条件の合うドナーが見つかりましたら、当院の担当者からご夫婦にご連絡を差し上げます。

当院には、既にドナーが採卵済みの「卵子バンク」と卵子提供相手が決まってから採卵に入る「新鮮卵子」の2種類の卵子提供プランがございます。
新鮮卵子の場合は、ご夫婦とドナーのマッチングが完了してからドナーが採卵に入ります。

しかし、ドナーも普通の生活をしている若い女性です。学生もいれば社会人もいます。
ドナーの採卵には排卵誘発の治療が必要で、その期間は通院や注射などが必要となります。

大切な試験の前や仕事で出張の予定が有る場合など、ドナーから排卵誘発治療に入ることを断られる可能性もあります。

法律により、ドナーに対して排卵誘発治療に入ることを強制はできません。早く確実に治療を行いたい場合は卵子バンクの利用をおすすめいたします。


関連する人工生殖法の規定について

第13条:医療機関が人工生殖治療を行う際、手術を受ける夫婦からの求めにより特定の人物からの生殖細胞の提供を受けることはできない。生殖細胞の提供は、ドナーからの求めにより特定の夫婦のために提供を受けることはできない。医療機関は、手術を受ける夫婦に対してドナーの種族、皮膚の色、血液型の資料を提供することとする。

第16条:胚盤胞の段階で性別を選択してはいけない。但し、遺伝病の原因となる場合はこの限りではない。

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com