木曜日, 10月 26, 2017

台湾での卵子提供治療時に記入する四親等表について

前回、コウノトリ生殖医療センターで卵子提供治療を受ける際の流れをご紹介させていただきました。
コウノトリ生殖医療センターでの卵子提供治療の流れ

この中で、初診までに「四親等表」の準備が必要と説明いたしました。
今回は、この四親等表について解説いたします。

台湾での卵子提供/精子提供は人工生殖法という法律により、患者様とドナーを守るための様々な規定が設けられています。

この四親等表は、卵子の提供を受けるご主人とドナーの間に血縁関係がないかを確認して予期せぬ近親間での生殖補助医療の実施を避けるためのものです。

ちなみに精子提供治療を受ける際にも四親等表の提出は必要となり、その場合は精子の提供を受ける奥様とドナーの間の血縁関係を調査するための書類となります。

以下のような当院所定の書式がございます。
こちらの親族の欄に氏名をご記入いただくだけですので、親族の戸籍謄本などの提出は不要です。親族に連絡が入ることもございませんので、治療を受けることを知られることはありません。

記入すべき内容をメモして持参いただき初診の際に当院で記入していただいても構いません。
卵子提供を受ける際の四親等表サンプル
卵子提供を受ける際の四親等表サンプル

ご夫婦のお名前と身分証明証の番号、ご両親、ご兄弟(姉妹)、ご祖父母の氏名などが必要となります。

近親間でお子様を授かってしまう事を避けるのが目的ですので、記入できる項目が多ければ多いほど良いのですが、曽祖父母や更に上の代まで調べるのが難しい場合もあるかと思います。その場合は、可能な限りのご記入で問題はございません。

台湾人のご夫婦が台湾人のドナーから卵子提供/精子提供を受ける場合は、厳しく審査され提出が必要な書類も増えます。

しかし、外国人の方が卵子提供を受ける場合は比較的少ない情報量でも審査が通る傾向にありますのでご安心ください。

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com