火曜日, 12月 05, 2017

2017年台湾生殖医学年会のご報告

2017年台湾生殖医学会にて、コウノトリ生殖医療センターは4編の学術研究を発表いたしました。


1.治療のための時間を取れない女性に適した治療法について
2.胚盤胞移植数を減らすことで得られる多胎妊娠のリスク回避について
3.着床前スクリーニングのために生検を実施した胚盤胞の最適な冷凍タイミングについて
4.染色体本数の正常な胚を移植した際における、染色体形状が与える妊娠率への影響について

2017年台湾生殖医学年会における発表
2017年台湾生殖医学年会における発表
不妊治療に対する、それぞれの異なる視点からのテーマに対して、コウノトリ生殖医療センターは豊富な臨床結果を元に様々な分析を行いました。当院は、今後も継続的に生殖医学の整備と発展に尽力しています。

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

卵子提供説明会

2019年卵子提供 福岡説明会のお申し込み開始

2019年卵子提供 説明会のお申し込みサイトをオープンしました。 お申込みはこちらから⇩⇩⇩ https://jp.icryobank.com/japanseminar/ お申し込みの際は、氏名、電話番号、メールアドレスお間違いないようご確認のうえ、お申し込みくださいま...

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com