火曜日, 12月 26, 2017

2017年ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE)のご報告

2017年ヨーロッパ生殖医学会inジュネーブ

ヨーロッパ生殖医学会(European Society of Human Reproduction and Embryology、通称ESHRE)。ESHREは世界で初めての試験管ベビーを誕生させたR.G. Edwards教授とJean Cohen医師が設立しました。
毎年一回ヨーロッパで学会が開催され、沢山の不妊関連の専門家が集まり様々なテーマについて発表を行います。世界で最も先進的な生殖学会の一つです。
2017年はスイス第二の都市ジュネーブで開催されました。

コウノトリ生殖医療センターは毎年、アジア太平洋生殖医学会やアメリカ生殖医学会、そしてヨーロッパ生殖医会に参加して研究結果の展示などをしています。

今回2017年のヨーロッパ生殖医学会では、着床前スクリーニング(PGS)の新技術NGSを導入して以降、継続して実施していた胚盤胞の分子レベル検査を通して2300ケースにおよぶ胚盤胞の染色体データを集積してきたデータを基に「モザイク型染色体異常」について研究を行い、臨床応用性の評価をまとめた分析結果のステージ講演を行いました。
ヨーロッパ生殖医学会での講演の様子
ヨーロッパ生殖医学会でのステージ講演

モザイク型染色体異常(Mitotic errors)は有糸分裂期に発生する異常です。染色体の減数分裂異常(Meiotic error)により発生する染色体異数性(aneuploidy)とは異なる異常となります。

発生率に母体の年齢は関係なく、ケースごとに臨床結果に比較的顕著な差が見られるという特徴があります。

コウノトリ生殖医療センターは2種類の異常の発生率が、各染色体の部分毎に異なる事に注目しました。
モザイク型染色体異常は長さの長い染色体で良く見られる異常です。一方、染色体の減数分裂異常は長さの短い染色体で良く見られる異常です。(図一)

 確認できた特長の一つとして、比率の低いモザイク型染色体異常の胚盤胞を移植した場合、短い染色体で異常が発生したケースの方が、着床率が高くなる傾向が見られました。ただし、これは現段階では十分な統計とは言えません。(図二)

 この様な胚盤胞の発育過程の異なる時期におけるモザイク型染色体異常の進化は、学者や臨床技術者の興味を引く課題の一つとなっています。

今回の分析結果により、モザイク型染色体異常を持つ胚盤胞を移植した際に与える妊娠のメカニズムへの影響について、その一部を知ることが出きました。
これからも、コウノトリ生殖医療センターは生殖医療の分野に尽力をしている世界中の研究者達と共に前進していきます。
2017年スイスのジュネーブで開催されたヨーロッパ生殖医学会にて
2017年スイスのジュネーブにて

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com