月曜日, 12月 25, 2017

精液検査について

不妊の4割以上は男性側に原因!?

かつては不妊症と言えば女性側の原因と考えられていました。
しかし、現代では男性側にも不妊の原因があることは常識となり、夫婦二人で不妊検査にいらっしゃることも珍しくはありません。
ある調査では不妊に悩むご夫婦の4割は男性側に原因があるとも言われています。

今回は男性不妊の検査にかかせない精液分析についてです。

精液分析とはなんでしょう?

顕微鏡で精子の数量、運動率、外観を見るのは男性不妊検査の最も簡単で重要な方法です。
コウノトリ生殖医療センターではCASAによる精液分析を実施しています。CASAでは精子濃度と活動率以外に、精子の運動能力分析も可能です。
伝統的な精液分析では検査者の主観による影響を受け、異なる検査者では異なる分析結果が出ることもあり、精子の運動能力については厳格な指標がありませんでした。

現在は多くの医院が世界保健機構(WHO)の定めた基準を基に、男性不妊の評価を行っています。
精液分析の評価基準
精液分析の評価基準


精液分析の結果は日々の健康状態により、大きく影響を受けます。
1度の検査で全てを判断するのではなく、複数回検査を受けられることをおすすめします。

精子の製造については、こちらもご参照ください。


検査はいつ受けられますか?

医師との問診後に検査時間を決定します。検査前には2-7日間の禁欲が必要です。
禁欲期間は短すぎても長すぎても、正確な検査ができなくなります。

どこに行けば検査を受けられますか?

コウノトリ生殖医療センターに来院いただいた場合は、快適な採精室で採精を行っていただき、そのまま容器を回収いたします。

医院での採精がどうしても困難な方の場合は、ご自宅で病院から渡された容器に採精していただき、室温程度に保った状態で60分以内にコウノトリ生殖医療センターにお持ちください。
ご自宅での採精は、医院での採精に比べ精子が空気に触れる時間が長くなるため、可能な限り医院での採精をお願いいたします。


精液分析結果に異常があった場合、どうすればよいでしょうか?

1.食生活の改善
①アルコール
アルコールは脱水症状を引き起こすだけでなく、体重増加や、精子活力低下のリスクもあります。
どうしても飲む必要がある場合は、週一回だけに抑えて身体がエタノールを代謝する時間を確保しましょう。
ただし、既に生殖機能に重篤な問題が発生している場合はアルコールを飲まないことが最良です。

②加工肉製品
ベーコンやハム、ハンバーガー等の食肉加工品はSaturated FATの値が極めて高く,残留ホルモンが含まれている可能性もあり,容易に精子の品質を低下させます。
肉を食べたい場合は,加工をしていない食品から正常なたんぱく質を摂取してください。

③糖分を含んだ飲料
甘い飲み物が好きな男性は注意してください。
糖分を含んだ飲料はインスリンの過剰摂取を引き起こし、身体の酸化を促してしまいます。
精子量の低下だけでなく、精子の活力を低下の原因となります。最も良いのは水を飲むことです。

④高脂肪の乳製品
牛奶牛乳などの乳製品はたんぱく質やカルシウムなどの栄養を含みますが,高脂肪の乳製品は男性の生殖能力に悪影響をおよぼします。
一部の養殖牧場産の牛乳は残留農薬や残留ホルモンが含まれている恐れもあります。

⑤野菜の残留農薬
野菜や果物の大部分は残留農薬を含んでいます。
リンゴやブドウ、イチゴ、パプリカ、ほうれん草、きゅうりなどは残留率が高く、残留農薬は精子の数量低下の原因となります。


2.生活習慣の改善
①生殖機能と生活習慣は密接な関係があります。
精子が作られる際の最適な温度は34度±1度です。神様が睾丸を身体の外部に付けた理由でもあります。
理想的な温度下で作られた精子は品質も比較的良く,数量や運動率、形態の三項目も良好です。

②高温は精子の品質に影響を与えます。
地球温暖化がもたらした変化も軽視はできません。
夏の日中、気温が35度を超えているときに風通しの悪い窮屈なパンツを穿いていたり、8時間以上の長時間にわたり座った姿勢で仕事をしていたり、高温のお風呂に入るのが好きな方などは、睾丸の温度が上がりやすく、また放熱が困難となり明確に影響を及ぼします。

③ホワイトカラーや無菌室での業務、調理師、電気工、運転手、アスファルト舗装業などの業務に就かれている方は上記のような問題が発生しやすい傾向にあります。
ゆとりのあるパンツを履く、ぬるめのお風呂に入る、水泳をする、2日に1回は1-2時間の軽い運動をするなどで睾丸温度上昇の対策をしましょう。

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com