続きを読む

卵子提供説明会

※外部サイトに移動します
続きを読む

当院について

コウノトリ生殖医療センターのご紹介
続きを読む

医師紹介

賴興華院長、王懷麟副院長、謝佳琳医師、李孟儒医師
 

火曜日, 12月 25, 2018

43歳の彼女の治療方法(前編) 

-更に進んだ個人化治療 PGS+ERA-



今年47歳の彼女に残されたのは、たった1個の正常な胚盤胞。
確信と最後の希望を胸に抱き、移植へ。果たして妊娠の結果は….(2018年11月22日  頼興華医師)


43歳でも「母になりたい。」 あなたはどのような方法をとりますか?
2つある道のどちらかを選ぶとしたらどちらを選びますか?
一つは、台湾高速鉄道(日本の新幹線)のように早く、1年後には子どもを抱くことができる道。もう一つは、努力し、3年且つお金も1.5‐2倍かかる道。
大多数の方が、迷うことなく前者を選択するでしょう。
だけれども、彼女の選択は他の人と異なるものでした。

43歳女性が「母になる」ための道のりにある困難とは?
データに基づいた話をしましょう!

2012年、ヨーロッパの生殖医学会であるESHREが毎月発行している生殖医療雑誌Human Reproductionでは、120個の卵子があれば、妊娠できるといわれています。
当院の経験上、7個の胚盤胞のうち、1個が正常な胚盤胞です。
その1個を移植した場合、妊娠率は60-70%です。

つまり、2個正常な胚盤胞があれば妊娠できるのです。
問題は、この年齢で120個の卵子をどこで探すかです。染色体異常のない正常な胚盤胞さえ難しいのに、42個の卵子が必要ですが、彼女のAMHの数値は0.13で毎回の採卵個数は1-2個。
どれだけの時間がかかるのでしょう?

多くの方がリスクある道を行こうとはしません。
彼女はリスクある道を選ぶという勇気ある決心をしました。
「高齢で子を求めることは8個の問題」が潜むと言われています。 
低刺激かつ自然周期での排卵促進方法を提案しました。
理由として、彼女が「質は量に勝る」と言っていたこと、過度の排卵促進により品質不良のた卵胞が萎縮し、卵胞数の結果により幾度も失敗を繰り返していたことが挙げられます。
このような計画は、毎月の排卵促進剤の費用約4-5万台湾ドルを抑えることにもつながります。


次回に続きます。
続きを読む

卵子提供により新しい人生を歩みましょう!(後編)

前回のお話はこちら
卵子提供により新しい人生を歩みましょう(前編)
若い頃仕事に専念し、40代の彼女は閉経状態になり、子供がほしい気持ちは変わりません。卵子提供という方法を知り、勇気を出して卵子提供の道に進みました。
こうやってコウノトリ生殖医療センターに初診に行きました。


帰国してからは、思っていたよりもずっと早くドナーさんがみつかり、再び台湾へ行きました。
夫が仕事で行くことができなかったので、両親と行きました。
久しぶりに親子水入らずで観光もできました。台湾の方々は皆親切なうえ、日本語を話せる方も多いので、どこに言っても困ることはなく、リラックスして楽しめました。
一度目の卵子提供は着床せず、残念ながら失敗に終わってしまいましたが、二度目の時に無事に着床し、妊娠検査が陽性となりました。
信じられなくて何度も何度も妊娠検査薬を試し、その度に陽性の結果が出ることを確認しました。
その時の飛び上がるような嬉しい気持ちは今でも忘れません。
こうして無事に妊娠にいたってからは本当に順調で、なんの問題もなく出産できました。
産まれてきた赤ちゃんはとても元気で丈夫な子で、よく飲んでよく泣き、よく眠ってすくすくと育っています。
とても健康な卵子を提供してくださったドナーさん、そしてこうのとり診療所の皆様には本当に感謝しています。

私のように閉経が理由で妊娠ができない方だけではなく、何らかの理由でなかなか妊娠することができない方も、すぐに卵子提供を受けることを検討すべきだと思います。
不妊治療はとても高額です。
そして時間もかかり、精神的にも負担がかかると聞いています。
それであればいつまでも自分の卵子で子供を授かることに固執せず、少しでも早く卵子提供を受けて出産することを検討したほうがいいと思います。

自分の卵子じゃないと、自分に似ていない子が産まれるのではないかと心配するかもしれませんが、そんな心配は一切無用です。
自分が連れて歩いている時は、大抵の人が「ママに似ている」と言ってくれます。
夫が連れて歩いている時は「パパに似ている」と言われています。
他人の目はそれぐらいいい加減なものです。

また、自分の卵子じゃないと産まれた子を可愛いがれないのではないかと心配するかもしれませんが、そんな心配も無用です。
実際に私も出産してすぐの頃はまだ自分の赤ちゃんということが信じられない気持ちというか、神様から預かった命のような不思議な気持ちがありましたが、毎日お世話をしているとこの子の母親は自分しかいないのだという自覚が芽生え、赤ちゃんのほうも私を全面的に頼ってくれて、それが日に日に増していくため、どんどん可愛く思う気持ちが強くなってきています。
抱っこしている時の幸せな気持ちは何にも代え難いです。
私達夫婦の大切な宝物です。

こんなに素敵な宝物を与えてくださったこうのとりの皆様には本当に本当に感謝しています。悩んだり悲しんだりしていたかつての私のような女性達を、これからもたくさん救って欲しいと願っています。
最後、子供に伝えたいことは、「元気いっぱい人生をエンジョイして欲しい」ということです。



コンサルタントCelineのコメント:

1. 一度目の移植のときに、ご両親と一緒に来院されたことを今でも覚えています。
お二人ご夫婦が卵子提供をすると決めた時、ご両親と話し合い、ご両親は「あなたたちの選んだ選択肢なら支持するよ」と言ってくださったことをお話しくださいました。
家族の理解があり、ご両親の支えにより、不妊治療の長く暗い道を一人で歩くこともなく、夜も穏やかに寝ることができたことでしょう。

2. コウノトリの日本での出産された方をお招きする誕生日会の際に、お母さまと赤ちゃんと一緒に参加されました。
起きているときは、好奇心いっぱいの大きな目で会場にいる人を見つめ、疲れてしまうとスヤスヤとよく寝ていました。彼女もお母さまも楽しいイベントとなりました。



3. コウノトリでの成績

成熟した卵子
正常受精
良い胚盤胞
移植
結果



20個



14個



 8個
1回目
5日目:4AA
着床せず
2回目
5日目:4AB+
6日目:4AB
1人出産


続きを読む

月曜日, 11月 26, 2018

卵子提供により新しい人生を歩みましょう!(前編)

私は20代~30代の頃は生活を安定させるために働くことを優先し、子供を作りませんでした。40代になってそろそろ子供を作らないといけないと考えましたが、そんなに急激に体が衰えていくとは考えていませんでした。

そして42歳の時、初めて婦人科で検査をしてもらったところ、生理があるにも関わらず既に閉経状態にあると言われてしまいました。
すぐに別の病院でも調べてもらいました。
しかしながら診断は同じで、治療する方法がないと言われてしまいました。目の前が真っ暗になりました。
悔しくて悲しくて毎晩泣いていました。

子供を連れて歩いている人を見ると、どんどん子供が欲しい気持ちが強くなりました。
そしてどうしても諦めきれなくてインターネットで調べ、卵子提供という方法を知りました。
同時にそれが日本では受けられないということもわかり、すぐに海外で受けることを考えました。その時に偶然テレビで福岡のセントマザー医院を介して台湾で卵子提供を受け、無事に子供を授かった人がいるのを見て、セントマザーの田中院長にご相談し、台湾のこうのとり診療所を紹介していただきまし
アメリカやタイでも卵子提供を受けられるそうですが、台湾では国が認めている治療行為であるため安全だということもわかりました。
そしていよいよ夫婦で初めて台湾へ行く日がきました。それまでは日本語が話せるスタッフの方とメールやLINEでやり取りをし、少しでも疑問や不安に思うことは全て解消してもらっていましたが、実際にこうのとり診療所に着くまでは、本当にちゃんとした病院なのか半信半疑でした。

なぜなら日本では「診療所」と言うと小さな病院を連想するからです。
しかし着いてみるととても立派な病院で(美術館のような素敵な造りです)、セキュリティは万全、たくさんいるスタッフの方々も皆とても親切でした。中でも日本語が話せるスタッフの方は本当に親身になってお世話をしてくれました。
そして先生から卵子提供について懇切丁寧な説明を受けました。
先生はにこにこと優しく微笑みながら大丈夫と言ってくださり、私達夫婦の不安な気持ちは一気に吹き飛びました。


次回に続きます。
続きを読む

水曜日, 11月 21, 2018

東京説明会を開催いたしました


こんにちは。
コウノトリ生殖医療センターです。

先週末、11/17(土),18(日)の2日間に渡り、
私達は東京・新宿にて卵子提供治療説明会を開催いたしました。





ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

前回の福岡説明会に引き続き、当院の女性医師 謝先生がステージ講演を担当いたしました。

皆様、今回の説明会で卵子提供に対する知識を深めることはできましたでしょうか。
また、台湾での治療について流れは理解できましたでしょうか?
わからないことがございましたら、いつでもご連絡くださいね。


また、今回も多くの方にお申し込みいただき、お断りせざるを得なかったこと大変心苦しく思っております。

医師との個別相談、マッチングともに過去最高の申し込み率となり結果的に非常に多くの待ち時間が発生してしまいました。
改めて、お詫び申し上げます。

2019年来年の説明会につきましては、開催日が決まり次第、当ブログでも告知いたします。
また、こちらのお申込みページでも告知をご覧いただけます。
コウノトリ生殖医療センター日本説明会


★当院の初診をご希望の方は、まず、当院公式サイトのご登録をお願いいたします。
登録後に、担当スタッフよりご連絡差し上げます。



続きを読む

火曜日, 10月 30, 2018

女性のための健康マガジン「ジネコ」で紹介されました!

株式会社 ジネコが発行している女性のための健康生活マガジン「ジネコ」2018秋号で、当院をご紹介いただきました。
 早期閉経に苦しむ日々を前向きに乗り越え、卵子提供でつかんだ幸せ。
 早期閉経により子宮が萎縮していたため、移植前にホルモン補充療法による治療を3ヶ月にわたる治療をご主人と共に乗り越え、一度目の移植でお母さんになることができました。
 日本から送られてきたさやさん(匿名)が赤ちゃんを抱いた写真を見て、私もとても幸せな気持ちになりました。





続きを読む

月曜日, 10月 29, 2018

【体験談】卵子提供のかすかな光、海外へと探し求めた希望の光 



コウノトリ生殖医療センターです。
今回は、当院で卵子提供を行った方の体験談をお届けします。





























私は、結婚したのが36歳でいわゆる晩婚でした。

彼とは、スピード結婚で、子供はいらないとお互いの意見も一緒でした。

ですが40歳になり、私だけ振り返ると急に子供が欲しくなりました。


夫を説得するのに、1年半かかり、不妊専門の病院に行った時には、もう遅いと気付きました。私の体は閉経に近いと言われました。


調べてると先進国なのに日本の不妊治療の考えが古く、取り残されてると知りました。

そして、たまたま卵子提供という言葉が目に飛び込んで来ました。


他人の卵子で妊娠?そんな事が出来るの?と無知な私は驚きました。


でも、私の中に希望の光を感じたのも確かでした。ロサンゼルスやタイ(当時)、韓国など色な国で合法なんだと、わかり、ひとつひとつ調べでいくと、台湾だとエージェントも要らず、金額も安く、卵子提供受けれるのだと、知りました。


私は台湾に絞り、病院の比較をしました。


コウノトリ生殖医療センターは、データや卵子提供してくださる方の選出もしっかりされていて、日本人向けだけのアピールをしていなく、日本人以外の実績が結果的に安心出来ました。


さらに、スタッフさんも日本人ではなくても、いつも寄り添って相談にのってくれたので、書類もスムーズに、最後まで気持ちよく過ごせました。


夫は、初め賛成はしませんでした。元、子供も要らないと言っていた人ですから。ですが、男の人の高齢妊娠の認識の低さや、現状を知り、初めてコウノトリ生殖センターで院長先生にあって、すっかりわだかまりが消えたようでした。


先生の物腰の柔らかさやセンターの清潔感とセンター内でこそこそしなくていい雰囲気卵子提供は特別なことではないという雰囲気が良かったと思います。私の遺伝子ではなく、提供者の遺伝子という事実は、頭から離れる事はありません。でも、お腹を痛めて産むと、限りなく湧き出てくる母性本能と赤ちゃんのお世話していく中で、少しずつ負い目から解放されています。

後悔はしていません。家族が増える喜びの方が大きいからです。

これから、卵子提供される方、卵子提供は夫婦で乗り越えれる壁だと思います。

全てがハッピーではないけど、日本で治療するよりずっと、楽です。ストレスないです。日本で大変な思いして、泣いていたのが嘘のように解放されます。


そして、出口が見えることに、夫婦で喜びを噛み締めてほしいと、心からエールを贈ります。


40代 女性
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


コンサルタントOliviaのコメント:


今でも、彼女から連絡が来たときのことを覚えています。
ちょうど日本で初めての説明会の開催を進めているところでした。
1年に1度の健康診断で、医師から「閉経しています」と告げられ、そんな時に偶然にも知った「卵子提供」という方法により妊娠、出産し、彼女の人生は180度変わりました。


日本から台湾を訪れ卵子提供をするご夫婦は、年々増加傾向にあります。
高齢と卵巣の低下による方が9割を占めています。
台湾の体外受精の先進的な技術と卵子提供は
ここコウノトリ生殖医療センターでは、日本から来院されるご夫婦が言葉の溝を感じないよう日本語専門のコンサルタントが患者様おひとりお一人に着き、言葉をつなぎます。



コウノトリでの成績

ドナーの卵子
成熟した卵子
正常受精
良い胚盤胞
移植した胚盤胞
結果
20個
20個
19個
15個
5日目-4AA 1個
出産


当院の卵子提供について、ご不明な点や気になる点がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね。




続きを読む

土曜日, 9月 29, 2018

個人に合わせた移植-ERA

正しいタイミングで胚盤胞を移植しましょう!


あなたもこんな経験があるのではないでしょうか?
複数回体外受精を試しても着床しない、着床前スクリーニングを(PGS)を行い染色体異常のない胚盤胞を移植しても着床しない…。
もし、正しいタイミングに良い胚盤胞を移植すれば妊娠率は80%まで高まると言ったら、あなたは信じられますか?
タイミングとは何と難しいのでしょうか。早すぎても遅すぎても良くありません。まるですれ違ってしまった男女の様に、修正は困難です。
卵子バンクで凍結している成熟した卵子でも、解凍後の誤った時間に受精をしたとしたら状態の良い受精卵(2PN)の状態まで成長させるのは困難です。
ですから、私達は偏光顕微鏡(Polscope)等を用いて卵子を観察して正しいタイミングに狙いを定めて受精を行い、新鮮な卵子と同様の受精率と成長率を実現させています。
そして、胚盤胞の着床に関しても正しいタイミングに狙いを定めた移植
(WOI:window of implantation)というものが存在します。


●43歳のHさん(日本) 




コウノトリにくるまでの採卵と移植の回数は50回を超えていました。
最後の採卵で取れた卵子は1個でした。培養の結果、胚盤胞にはならず移植することさえできませんでした。
そこで、台湾で卵子提供をすることを決意しました。年齢のことから、より早い妊娠と早期流産などのリスクを考え、2個の胚盤胞をPGS検査しました。
診断結果、1つの胚盤胞は正常で、1つは異常という結果でした。貴重な胚盤胞を無駄にしないためにも、彼女にERA検査をするよう進めました。

ERA検査の結果、一般的な黄体ホルモンの補充の時間が120時間なのに対し、彼女の内膜細胞は黄体ホルモンの補充後144時間後が着床に最適なタイミングとなると示されていました。
ERA検査の結果の「正しいタイミング」でPGS検査で正常だった胚盤胞の移植を行いました。
妊娠検査の日、2本の赤い線を見ることができました。妊娠確認の結果β-HCGの値は2384に達していました。

その後、赤ちゃんの心拍の確認ができ、彼女は現在、子どもを授かった喜びを感じています。


長い間、経験から導き出した法則としてプロゲステロンの補充後120±3時間に合わせて胚盤胞の移植を実施してきました。
ですが、15日間待ちつづけた後の妊娠確認の結果が失敗に終わり、その理由を探した時、「確率」あるいは「胚盤胞の染色体異常」という言葉を使って患者様を慰め励ましてきました。
事実として、胚盤胞の染色体異常は失敗の主要な原因(60~70%)となっており着床に成功したとしても流産となる可能性が高くなります。
極僅かな例としてダウン症等を伴う形で出産に至ることもあります。
この様な事態を繰り返さないために着床前スクリーニング(PGS)という技術があります。
しかし、異常のない胚盤胞を選んで移植したとしても、依然として繰り返し着床に失敗することがあります。
この事態は、どう説明すれば良いのでしょうか?

●47歳のRさん(日本)


  




彼女は、3箇所の病院で3回卵子提供の治療を受けたことがありましたが、妊娠することができませんでした。
幾度もの卵子提供で繰り返し妊娠に至っていないことからERA検査を薦めました。

検査の結果、彼女の内膜細胞は黄体ホルモンの補充後144時間後が着床に最適なタイミングとなると示されていました。
一般的な移植のタイミングではなかったのです!
ERA検査の結果「正しいタイミング」で2個の胚盤胞の移植を行いました。
妊娠確認の結果β-HCGの値は5997に達していました。移植した1つの胚盤胞が着床し、1人の赤ちゃんを妊娠することができました。

治療を信じる気持ちが失われた時、しばしば合理的とは言えない方法を選んでしまうことがあります。
民間療法やサプリメント等々…摂れる限りのものを摂取しようとします。多くの人が「摂れば摂るほど効く」と考えてしまいます。
その中でも少数の、まだ科学的な治療を信じる人は免疫療法を選びます。
免疫機能の検査結果が全て正常でも、駄目でもともと...という気持ちで免疫グロブリン療法(IVIG)やヘパリン投与を行います。
しかし、多くのお金と時間を使っても結果は変わりません。何故なら、正しく原因を探り当てていないからです。
染色体が正常な胚盤胞は、必ず子宮が受け入れてくれますか?
子宮内膜の状態について、内膜の厚さによる判断以外にプロゲステロンが浸透するまでの時間は同じですか?

ERA (Endometrial Receptivity Analysis) は子宮内膜細胞の236種のDNAを検査して、プロゲステロンの補充から何時間で着床に最適なタイミングが訪れるかを調べる検査です。
この技術が2015年に世に出て以降の4万を超える臨床データによれば、医師達の経験から導き出された最適な移植タイミングに対して、1/4以上にあたる28.6%の女性に最適な移植タイミングのズレが見られました。
コウノトリ生殖医療センターの患者様の40%は海外からの患者様です。
患者様の中には、複数の国で体外受精を行い失敗してきた方もいらっしゃいます。
当院の臨床結果では、この様な患者様の1/3程で最適な移植タイミングにズレが見られました。
多くの人は、更に12~24時間の時間が必要で、一部の人は短い時間でそのタイミングが訪れていました。
プロゲステロンの浸透時間を考慮して移植時間を調整した場合、1度の移植で皆成功しています。
また、免疫機能の影響で不妊症と診断された方の場合も、貴重な時間と胚盤胞を無駄にしないため、免疫治療に入る前に先ずERAの実施をおすすめします。

科学と遺伝子を信頼しましょう!
着床前スクリーニング(PGS)と子宮内膜着床能検査(ERA)を実施し、1個の胚盤胞を移植した際の平均妊娠率は80%にまで達し、PGSのみを実施した際の妊娠率(60~70%)に比べて10~20%が上乗せされています。
「正常な胚盤胞の選択(PGS)」と「正しい移植タイミングの選択(ERA)」これがコウノトリ生殖医療センターが目指す、個人に合わせた不妊治療の新しい形です。


Hさん(日本在住)の卵子提供による胚盤胞の移植結果

移植
1回目
残っている胚盤胞
胚盤胞移植個数
1個/PGS正常
7個
移植時期(プロゲステロン補充後)
144時間
結   果
妊娠中
移植時期の決定方法
PGS+ERA

Rさん(日本在住)の卵子提供による胚盤胞の移植結果

移植
H1回目
残っている胚盤胞
胚盤胞移植個数
2個/PGS検査実施なし
7個
移植時期(プロゲステロン補充後)
144時間
結   果
妊娠中
移植時期の決定方法
ERA


続きを読む

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com