木曜日, 1月 04, 2018

自己精子の凍結保存をしたご夫婦のお話

それは全てが突然の出来事でした。

Kご夫妻の出会いは偶然でした。
そして、そのわずかな談笑の間で、互いにこの人こそが生涯を共にする伴侶だと心に決めました。
二ヶ月に満たない交際期間を経て、二人は手を取り合って教会で将来を誓い合います。
誰もが羨む様な新婚の時間を過ごし、しかし結婚から1年が経った頃、ご主人が慢性骨髄性白血病(CML)に羅漢していることが判明しました。
この驚くべき事実が突然湧き出た急流のように、彼らの人生計画を中断させてしまいます。

自己精子の凍結保存

腫瘍科の医師の解説により,白血病に対する化学治療の知識を身につけると同時に、自身の身体に受ける副作用として精子を製造する機能が影響を受けることも知りました。

これは、化学治療を受けることと命を次の世代に繋ぐことの間で、彼らが決断をしなければいけないことを意味しています。


精子の凍結保存

偶然、精子を冷凍保存して将来使えることを知りました。
精子の凍結保存(Cryosperm)の技術により、この困難な状況を克服するためご主人は精子バンクに登録をしました。

自身の精子を冷凍保存して将来のための準備を整えた後に白血病の治療を開始しました。
一年間の治療が順調に進み、夫婦は体外受精(IVF)による不妊治療を開始しました。

奥様の卵巣機能は問題なく、12個の卵子を採卵できました。
ご主人の精子を融解後、顕微受精(ICSI)により受精を行い,状態の良い胚まで成長できました。

培養3日目の胚を移植し、それ以外に5日目まで培養をした2個の胚盤胞を -196℃ の液体窒素の中で冷凍保存しました。

移植後は家で安静に過ごし、何をするにもお腹に注意を払って胚盤胞の着床(Implantation)に影響を与えないようにしていました。

ご主人も細かく気を配り、妊娠確認までの時間を過ごしました。
移植後のホルモン補充の自己注射は、夫婦にとって更に難しい問題でした。

しかし、お互いに助け合い、励ましあい、二人が同じ方向を向いて前進をする気持ちを持つことが治療を続ける何よりの原動力となりました。

妊娠確認の結果は彼らの望む結果ではありませんでした。

β-HCG の数値が 1.2を下回り、奥様は非常に落胆した様子でした。
本来、子供を授かるのは容易なことでは無いことは理解していました。

しかし,もう愛するご主人との間にお子様を授かる機会はないのかもしれないと彼女は涙を止めることができませんでした。

このプレッシャーとストレスは非常に大きく、気持ちを落ち着けるまでにしばらくの時間が必要でした。
半年が過ぎた後,夫婦は再び問診にやってきました。

既に二人は、心身共に次の治療に入る準備が整っている事が見てわかりました。
今回はまず子宮内膜(Endometrium thickness)の厚さの調整を行い、その後以前に冷凍していた2個の胚盤胞の移植を行いました。

移植当日は非常に気持ちが高ぶっているように見えました。今回の移植に期待する気持ちは、医師である私も同様です。

前回一度移植を経験していたこともあり、また今回はしっかりと気持ちを整えてから治療に臨んだこともあり、妊娠判定を待つ14日間を穏やかな気持ちで過ごすことができました。

良く食べて、良く眠り、安定した状態で日々を過ごしました。
採血の結果、β-HCGは3,000近くとなりました。
おめでとうございます、妊娠しています!

彼女達は精子の冷凍保存(cryosperm)、単一精子の顕微授精(ICSI)、胚盤胞の培養(Blastocyst culture)そしてガラス化凍結法(Vitrification)といった技術を駆使して妊娠することができました。
人生の大きな転機を迎えた時に必要なのは、勇気を持って立ち向かい前進を続けることです。
そうすればきっと大きな収穫を得ることができます。皆様に幸福がやってきますように!


Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

卵子提供説明会

2019年卵子提供 福岡説明会のお申し込み開始

2019年卵子提供 説明会のお申し込みサイトをオープンしました。 お申込みはこちらから⇩⇩⇩ https://jp.icryobank.com/japanseminar/ お申し込みの際は、氏名、電話番号、メールアドレスお間違いないようご確認のうえ、お申し込みくださいま...

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com