月曜日, 1月 29, 2018

胚盤胞は何個移植するのが正解でしょうか?

体外受精の成功率と多胎妊娠のリスク、どちらを取るべきでしょうか。

現在の人工生殖医学の目標は、より早くストレスなく順調に健康なお子様を授かることです。
多胎妊娠は早産の可能性が高くなることも含めて母体と胎児にとって非常に大きな健康リスクがあります。
妊婦糖尿病や子癇前症、低体重児等の他に、場合によっては減退手術を行わなければいけないかもしれません。



治療の成功率を維持しながら多胎妊娠のリスクを少しでも下げるため、世界各国は胚盤胞移植個数のガイドラインを定め、各生殖医療センターの参考としています。
子供を求めるご夫婦にとっては、一体何個を移植するのが最適となるのでしょうか。

以下の様なデータも参考に、ご自身の健康状態やご家庭の状況も考慮して移植個数を検討しましょう。

台湾生殖医学会(TSRM)が推奨する移植個数
年齢
<35歳&卵子提供
35-37歳
38-40歳
>41歳
PGS検査済
移植個数
1-2個
2個
3個
4個
1個

年代別の2個移植時の多胎妊娠率 

年齢
<35歳&卵子提供
35-37歳
>38歳
PGS検査済
2個移植時の多胎妊娠率
30%
25%
15%
39%

卵子提供における移植個数と妊娠率の関係 

移植個数
1個
2個
PGS検査済1個
妊娠率
50-60%
70-80%
70-80%
*卵子提供はドナーが20代の若い女性のため、移植を受ける側の年齢と妊娠率の関連性は比較的低くなります。
子宮を含めた母体の検査結果が重要となります。

医師は患者様ご自身の状況(検査結果、体型、ご家族の病歴)を見て移植をする胚盤胞のグレードや個数を提案します。当院で治療中の方は、担当者とも相談をしてご自身の状況を把握した上で、後悔のない選択をしてくださいね。

参考資料:
1.送子鳥診所院內資料
2.TSRM guideline (2016)


Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

卵子提供説明会

2019年卵子提供 福岡説明会のお申し込み開始

2019年卵子提供 説明会のお申し込みサイトをオープンしました。 お申込みはこちらから⇩⇩⇩ https://jp.icryobank.com/japanseminar/ お申し込みの際は、氏名、電話番号、メールアドレスお間違いないようご確認のうえ、お申し込みくださいま...

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com