続きを読む

卵子提供説明会

※外部サイトに移動します
続きを読む

当院について

コウノトリ生殖医療センターのご紹介
続きを読む

医師紹介

賴興華院長、王懷麟副院長、謝佳琳医師、李孟儒医師
 

木曜日, 6月 28, 2018

母親から娘への大切な贈り物~卵子の凍結保存で未来に希望を託しましょう

こんにちは、コウノトリ生殖医療センターです。
今日は、院長の手記の中から少し特別な患者様のお話をご紹介いたします。


女の子がいる家庭では、娘が将来幸せな家庭を築けるようにという願い以外にどんな心配があるでしょうか?
もし、不幸にも卵巣の腫瘍や妊娠する能力の喪失などが起きてしまった場合、彼女のために何ができるでしょうか。
幸福になるためにとても大切な「卵子」を助けることはできるでしょうか?


続きを読む

水曜日, 6月 27, 2018

iart gallery愛上藝廊~所蔵品展~

こんにちは、コウノトリ生殖医療センターです。

南国台湾では6月でも35度を超える日も多く、暑い日が続いています。
こんな時は、涼しいコウノトリのギャラリーで素敵な芸術作品を見て過ごしませんか?

現在コウノトリ生殖医療センター1階のギャラリー「iart gallery愛上藝廊」では当院の所蔵作品を展示した所蔵品展を開催しています。
今回は、所蔵作品の中でも日本人の芸術家の作品を集めた展覧会です。

ギャラリー内には草間彌生さん、奈良美智さん、村上隆さんの3人の芸術家の作品が沢山展示されています。

続きを読む

金曜日, 6月 22, 2018

北京説明会を開催しました!

こんにちは、コウノトリ生殖医療センターです。
先日、中国の北京で説明会を開催いたしました。
今回は、その様子をご紹介いたします。
コウノトリ生殖医療センター北京説明会
コウノトリ生殖医療センター北京説明会
ポスターも台湾で使われている繁体字の中国語ではなく、簡体字の中国語です!
コウノトリを意味する中国語の「送子鳥」が「送子鸟」になっていますね。

女性の社会進出が進むと共に晩婚化/晩産化の傾向も進み、結果として不妊に悩むご夫婦が増えているのは世界各国の共通の問題となりつつあります。


今回の北京説明会も沢山のご夫婦にお越しいただき、皆様本当に真剣に説明の内容に耳を傾けていらっしゃいました。
説明会後の個別相談も参加者のほとんどの方が希望され、非常に熱心に質問をされていました。


日本の説明会では卵子提供に関する話題がメインになりますが、中国の説明会では前回のブログで書いた体外受精やPGS、ERAなどの他の医療サービスについても触れています。

前回の記事はこちら
台湾の体外受精について

実際に中国から来る患者様の中には卵子提供を望む方もいらっしゃいますが、体外受精や卵子凍結を望む方も多くいらっしゃいます。

国が変われば、ご夫婦が私達に期待している医療も変わってきます。
しかし、お子様を待ち望んでいるという強い気持ちは、説明会にお越しいただいているご夫婦の共通の願いだと思います。

これからも、私達コウノトリ生殖医療センターは台湾国内はもとより世界中の不妊に悩むご夫婦のために世界最高水準の医療を提供して参ります。


日本での説明会は、8月に福岡での開催を予定しています。
ご興味がございましたら、是非こちらからお申込みください!
コウノトリ生殖医療センター日本説明会
続きを読む

水曜日, 6月 20, 2018

台湾の体外受精について

こんにちは、コウノトリ生殖医療センターです。


日本の方が当院にいらっしゃる際は、その多くが卵子提供や精子提供といった日本国内では受けるのが困難な治療をコウノトリで受けることが目的です。

しかし、当院の患者様の大部分を占める台湾にお住まいのご夫婦は、皆さまが日本の病院で受けているのと同様の不妊治療を受けるために当院にいらっしゃいます。

タイミング法や人工授精、そして体外受精です。

中国語では、体外受精は「試管嬰兒」と言います。

試管は試験管、嬰兒は赤ちゃん。

日本語でも「試験管ベビー」と訳された、英語の「test tube baby」の直訳です。



続きを読む

金曜日, 6月 15, 2018

幸福への選択問題~8個の凍結卵子が導いた幸せな妊娠

本日も、前回に続いて当院で自己卵子の凍結保存をされた患者様のお話をご紹介します。

前回のお話はこちら
未来の幸福に向けて飛び立ちましょう~卵子凍結をした女性パイロットのお話


これまでに男性経験がない、海外からの患者様がいました。
彼女は初診の後、すぐに当院でご自身の卵子を凍結保存することを決めました。
卵子を凍結保存するために、海を渡る事を決心した理由はなんだったのでしょうか?
あなたにも、そんな選択をすることができますか?

彼女の前にも、男性経験のない女性が卵子凍結に来ることはありました。
しかし、彼女は初めての香港から卵子凍結にいらした方でしたので特別印象に残っています。


続きを読む

木曜日, 6月 14, 2018

未来の幸福に向けて飛び立ちましょう~卵子凍結をした女性パイロットのお話

こんにちは、コウノトリ生殖医療センターです。
当院は卵子提供/精子提供だけではなく、タイミング法や人工授精、体外受精などの不妊治療も提供しています。
そして、最近台湾の女性の間で利用する方が増えているのが自己卵子の凍結保存です。
以前は不妊治療や出産のために、自分の夢や仕事をあきらめる女性も少なからずいました。

現在では、卵子を凍結保存しておくことで若いうちは存分に自分の夢に取り組み、お子様を授かりたいと思ったタイミングで、若い時の卵子を使ってお子様を望むことが可能です。
今回は、卵子凍結を望んだ女性患者様のエピソードをご紹介します。
自己卵子の凍結保存

続きを読む

月曜日, 6月 11, 2018

2018年国民健康保険署-人工生殖結果報告

こんにちは、コウノトリ生殖医療センターです。

台湾では、2007年に制定された人工生殖法の規定により生殖医療を実施している病院は治療の実績を監督機関に報告する義務があります。
台湾の行政機関、衛生福利部国民健康保険署が、毎年この統計データを集計して人工生殖医療に関する統計を公開しています。

2018年、最新のデータが公開されコウノトリ生殖医療センターは体外受精の治療周期数において全台湾で第3位となりました!
卵子提供については、台湾全国で実施された治療の内約2人に1人が当院の患者様でした。

国民健康保険署-人工生殖報告

前身の新竹東門病院創立から26年を迎えた今年、当院は台湾のトップ3に入る病院となることができました。
長年に渡り台湾の平均を超える妊娠率と出産率を維持し続けた医師と培養士の努力と研鑽、そして何よりも当院の治療方針を支持してくださった皆様のおかげだと思います。
本当にありがとうございます。

これからもコウノトリ生殖医療センターは台湾の、そして世界中の不妊に悩むご夫婦のお力になり、皆様がご家庭にお子様を迎えることができるよう努力して参ります。

2018年初夏、当院は台湾の首都台北に新たに病院を開院いたします。
松山空港から地下鉄で2駅、海外からの通院も益々便利になります。
日本では実施が困難な、流産の原因となる染色体異常の有る胚盤胞の移植を避けられる着床前スクリーニング(PGS/NGS)や、国内では導入している医療機関の少ない着床の窓が開くタイミングを調べる子宮内膜着床能検査(ERA)など、世界最新の技術で皆様の妊娠への道をサポートいたします。

ご興味がございましたら、是非日本語でお気軽にお問合せくださいね。
Email:jp_service@icryobank.com

日本説明会については、こちらのWEBサイトをご覧ください!
コウノトリ生殖医療センター日本説明会
続きを読む

木曜日, 6月 07, 2018

チャリティイベントに参加しました!

こんにちは、コウノトリ生殖医療センターです。

先日、新竹市でチャリティイベントが開かれました。
当院コウノトリ生殖医療センターも参加し、院内のみんなで集めた洋服やぬいぐるみ、本などをバザーで販売いたしました。

会場ではバザーの他にもイベントや食べ物の屋台などもあり、気温30度を超える真夏日となりましたが、沢山の方にお越しいただきました。
続きを読む

火曜日, 6月 05, 2018

台湾、日本共に出生数が過去最少に

こんにちは、コウノトリ生殖医療センターです。

日本の厚生労働省が6月1日、2017年の人口動態統計を発表しました。

厚生労働省-平成29年(2017)人口動態統計月報年計(概数)の概況

それによると、出生数は946,060 人で過去最少 (対前年 30,918 人減少)となったそうです。
2016年に続いて2年続いて100万人を下回る結果となりました。
厚生労働省_平成 29 年(2017) 人口動態統計月報年計(概数)の概況から
厚生労働省_平成 29 年(2017) 人口動態統計月報年計(概数)の概況から

晩産化の傾向も顕著で、母親の出産時の年齢別(5歳階級)出産数統計では45歳以上のカテゴリーが唯一増加した以外は全ての年代で減少していました。

40歳以上の出生数は約5万4千人、うち第1子は約2万人で40歳以上の出生に占める第1子の割合は 37.6%となりました。

続きを読む

金曜日, 6月 01, 2018

2018妊活スタイル「頼れるクリニックガイド」で紹介されました!

コスミック出版社が発行している「妊活スタイル」2018年最新号で、当院をご紹介いただきました!
妊活スタイルでコウノトリ生殖医療センターが紹介されました
自分にあったクリニック選びをサポートという企画の中で、アジア最大規模の不妊治療専門クリニックとしてコウノトリ生殖医療センターと当院の卵子提供の紹介記事が掲載されました。
台湾の卵子提供についてや、当院の卵子提供治療の成功率の高さの理由について書かれています。

続きを読む

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com