月曜日, 11月 26, 2018

卵子提供により新しい人生を歩みましょう!(前編)

私は20代~30代の頃は生活を安定させるために働くことを優先し、子供を作りませんでした。40代になってそろそろ子供を作らないといけないと考えましたが、そんなに急激に体が衰えていくとは考えていませんでした。

そして42歳の時、初めて婦人科で検査をしてもらったところ、生理があるにも関わらず既に閉経状態にあると言われてしまいました。
すぐに別の病院でも調べてもらいました。
しかしながら診断は同じで、治療する方法がないと言われてしまいました。目の前が真っ暗になりました。
悔しくて悲しくて毎晩泣いていました。

子供を連れて歩いている人を見ると、どんどん子供が欲しい気持ちが強くなりました。
そしてどうしても諦めきれなくてインターネットで調べ、卵子提供という方法を知りました。
同時にそれが日本では受けられないということもわかり、すぐに海外で受けることを考えました。その時に偶然テレビで福岡のセントマザー医院を介して台湾で卵子提供を受け、無事に子供を授かった人がいるのを見て、セントマザーの田中院長にご相談し、台湾のこうのとり診療所を紹介していただきまし
アメリカやタイでも卵子提供を受けられるそうですが、台湾では国が認めている治療行為であるため安全だということもわかりました。
そしていよいよ夫婦で初めて台湾へ行く日がきました。それまでは日本語が話せるスタッフの方とメールやLINEでやり取りをし、少しでも疑問や不安に思うことは全て解消してもらっていましたが、実際にこうのとり診療所に着くまでは、本当にちゃんとした病院なのか半信半疑でした。

なぜなら日本では「診療所」と言うと小さな病院を連想するからです。
しかし着いてみるととても立派な病院で(美術館のような素敵な造りです)、セキュリティは万全、たくさんいるスタッフの方々も皆とても親切でした。中でも日本語が話せるスタッフの方は本当に親身になってお世話をしてくれました。
そして先生から卵子提供について懇切丁寧な説明を受けました。
先生はにこにこと優しく微笑みながら大丈夫と言ってくださり、私達夫婦の不安な気持ちは一気に吹き飛びました。


次回に続きます。

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com