続きを読む

卵子提供説明会

※外部サイトに移動します
続きを読む

当院について

コウノトリ生殖医療センターのご紹介
続きを読む

医師紹介

賴興華院長、王懷麟副院長、謝佳琳医師、李孟儒医師
 

水曜日, 5月 01, 2019

【コウノトリと出会った幸せ 卵子提供は最後の頼みの綱(後編)】




日本語コンサルタントLizのコメント


1. 治療時期にご両親の他界、度重なる移植。何度も挫折しました。
しかし、彼女は挫折するたびに、素早く起き上がり、自身を奮い立たせ、勇気をもって
前へ前へと進んできました。
彼女と連絡する中で、メールの文章から「子供が欲しい」という強い意志を感じました。
深く感動した私はご夫婦を全力でサポートし、寄り添い、ご夫婦が妊娠できるように祈りました。
現在、お子様をご出産され、本当に心から嬉しく思います。
いつまでも健やかでありますように。

2.日本では、卵子提供に関する法律は整備されていない上、日本の各医学会では賛否両論があります。
そのため、日本での不妊治療の夫婦の最後の治療の選択肢は体外受精なのです。
ところが、研究統計によると43歳以上の女性が地震の卵子を用い、妊娠する確率は5%です。
また将来の子供の養育費を考慮すると、卵子提供を行うことで、子どもを求めるご夫婦のより早い妊娠、願いを叶えることが可能です。


3. コウノトリでの治療:
採卵数
成熟した卵子の数
(MII)
正常な
受精卵の個数
(2PN)
良い
胚盤胞
移植回数
結果
残りの胚盤胞
23
23
21
11
1回目
(5日目 4AA)
妊娠に至らず
6
2回目
(5日目 4AB+4AC)
妊娠するも
心拍確認できず
3回目
(D5 4AC+4BC)
男児一子
ご出産




前編の体験談はこちら↓↓↓
【コウノトリと出会った幸せ 卵子提供は最後の頼みの綱(前編)】

続きを読む

月曜日, 4月 29, 2019

【コウノトリと出会った幸せ 卵子提供は最後の頼みの綱(前編)】



本日は3回の移植を通し、出産された患者様の体験談と当院コンサルタントの考察を2回に分けてお送りします。

結婚して子供を授かることができず、不妊治療を始め人工授精で着床ができず、対外受精、顕微授精をあきらめず繰返しました。
 
授精はできたが着床にいらたず治療にするにも高額の費用がかかり金銭的にも精神的にも限界が来ていました。

半ばあきらめていましたが卵子提供による新しい不妊治療があることを知りました。
子供を授かることができればと思い説明会に参加しました。
高齢でも卵子提供による妊娠・出産ができること聞き2人で話し合い望みあるかぎり台湾コウノトリでの治療を決めました。
海外での治療の為、不安もありましたが医院長先生・スタッフの方の親切な応対により安心することきました。
3回目の移植で子供を授かることでききました。
子供は授かることができますよと先生・スタッフの方の対応・妻の努力により妊娠することができ,お腹の中での成長と出産を待ちどおしく思っております。

子供は授かることができないと諦めていましたがコウノトリの医院長先生・スタッフの方・卵子を提供いただきましたドナー様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
これからも多くの皆様の幸運の扉を開いていだだけるよう皆様のご活躍を願っております。

次回は当院コンサルタントによる考察をお届けします。

続きを読む

【大阪説明会を開催いたしました】



2019年最初の説明会を4/20,4/21の2日間大阪にて行いました。
福岡説明会、東京説明会に引き続き、女性医師 謝先生が講演いたしました。

関西地区だけでなく、そのほかの地域からも多くの方が説明会に参加されました。

皆様、今回の説明会で卵子提供に対する知識を深めることはできましたでしょうか。
また、台湾での治療について流れは理解できましたでしょうか?
わからないことがございましたら、いつでもご連絡くださいね。

次回の説明会は、福岡、東京での説明会を予定しております。
お日にちが近づきましたら、告知いたしますので、お待ちくださいね。

また、こちらのお申込みページでも告知をご覧いただけます。
コウノトリ生殖医療センター日本説明会


★当院の初診をご希望の方は、まず、当院公式サイトのご登録をお願いいたします。
登録後に、担当スタッフよりご連絡差し上げます




続きを読む

木曜日, 4月 18, 2019

台湾東部-花蓮での地震について



コウノトリ生殖医療センターです。

日本でも大きく報道があり、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、4/17(木)13:01台湾東部の花蓮で震度7の地震がありました。
台北市内は震度4、新竹市内は震度3と大きく揺れました。


花蓮18日下午1時1分發生規模6.1地震。(圖取自氣象局網頁cwb.gov.tw)
推計震度分布図=中央気象局ホームページより

当院の建物、培養室などの設備に破損、損壊はございませんでした。
当院スタッフは全員無事ですので、ご安心くださいませ。

被災された皆様におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。
皆様の無事と一日も早い復興をお祈り申し上げます。





続きを読む

火曜日, 3月 26, 2019


【勇敢なお母さんへ】

本日はドナーさんからご夫婦に向けたお手紙をご紹介します。

卵子を提供したご夫婦が出産したら当院スタッフはドナーさんにお知らせします。
ドナーさんがご夫婦に当てた手紙を書いてくれました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

勇敢なお母さんへ

あなたを助けるお手伝いができたこと、感謝しています。
私は、卵子ドナーになることを希望していました。
でも、注射が怖く、なかなか勇気を持って踏み出すことができませんでした。
今年やっと決心をし、踏み出すことができました。
重要なのは、誰かの助けになること。心は特別な気持ちで満ちあふれています。

健康でかわいい赤ちゃんを出産されたとのこと、おめでとうございます。

いままで、大変でしたね。
これまでの治療のためにしてきた努力は本当に大変だったことでしょう。
努力してきたことには価値があります。
かわいい赤ちゃんがお二人の元にきてくれたのですから。

最後に 三人の健康と末永い幸せをお祈りしています。   

南部の女の子より

続きを読む

月曜日, 3月 25, 2019

長い長い夜を越えて ー卵子提供治療でつかんだ幸せー (後編)


40代に結婚、2年間不妊治療を受け、あきらめる前に卵子提供という選択肢を知った彼女、夫の望みを叶えたい気持ちで勇気を出して当院にやってきました。
フレンドリーなコンサルタントたちと落ち着いた空間に癒され、卵子提供に対する抵抗や不安が消え、子供を持つことへの楽しみや勇気へと変わっていきました。気になっていた子供の容姿などの問題もなくなり、今は順調に娘さんが生まれました。今は幸せな気持ちでいっぱいです。



日本語コンサルタントCelineのコメント


1.彼女との縁はとても不思議なものでした。
彼女は当院で卵子凍結のため受診していた日本のある一人の患者様の紹介で、当院を訪れました。
卵子凍結の患者様は、このように紹介してくださいました。
台湾最大の卵子・精子バンク、凍結保存、PGSやPGD、海外サービスがあること、日本では卵子提供、精子提供はできないこと。
彼女は、これを聞き当院を訪れました。
卵子凍結の患者様がここまで覚えてくださったことに、驚きを隠せませんでした。
悩んでいるときにこのような出会いがあったことが彼女の人生のターニングポイントになったと思っています。


2.ドナーが健康であるか子どもが夫婦に似た顔で生まれてくるかどうか…
当院の機関雑誌【愛沐生活/ iVie 23/被討厭的幸福】の中に抵抗も幸せの1種であると記載があります。
彼女も卵子提供に対して抵抗がありました。
出産後、彼女は抵抗していた幸せは赤ちゃんを抱くための本当の幸せであったことに気づきました。

3.患者様の卵子提供による治療結果


凍結卵子個数
融解後の生存個数
受精卵
胚盤胞
移植した胚盤胞
結果
個数
17
14
11
6
Day5:4AA
出産


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------







2019年卵子提供 大阪説明会のお申し込み受付中です。
4/20(土)-4/21(日)の2日間開催いたします。

お申込みはこちらから⇩⇩⇩
https://jp.icryobank.com/japanseminar/



お申し込みの際は、氏名、電話番号、メールアドレスお間違いないようご確認のうえ、
お申し込みくださいますようお願い申し上げます。









続きを読む

金曜日, 2月 15, 2019

長い長い夜を越えて ー卵子提供治療でつかんだ幸せー (前編)

こんにちは。
コウノトリ生殖医療センターです。

今回は当院で卵子提供を受けられ、ご出産されたご夫婦の方からお寄せいただきました体験談をご紹介いたします。



私達夫婦は、40代で出会い結婚。
不妊治療に2年間挑戦するも結果が出ず。
あきらめる前に卵子提供という選択について考えました。

当時の私は、日本で未だ限定的にしか認められていない卵子提供に対しては、漠然とした抵抗がありました。
さらに、自分に似ていない子供を本当に可愛いと思えるのかどうか、自信を持てませんでした。
それでも、「子供が欲しい」という夫の望みを叶えたい気持ちが残っていたので、調べてみると、ある掲示板にヒットしました。
そこでは日本の女性達が、情熱を持って、活発に情報交換していました。
いつしか、私もその一人であるかのような気持ちになり、まずは問い合わせてみようという意欲が湧きました。

海外の友人から聞いたコウノトリクリニックのスタッフにメールをしてみると、すぐに返事をもらい、スムーズに事が運び、なんのトラブルも無く移植まで進みました。
スタッフ達はプロフェッショナルであるのはもちろん、若くて可愛いフレンドリーな女性ばかりで、友人のようにアドバイスをもらったり励まされたりしました。建物も病院とは思えない、おしゃれでリラックスした空間だった事も気持ちを楽にしてくれました。

こうして、卵子提供に対する抵抗や不安は、ネットの掲示板やクリニックの対応や環境によって、ほぐれて、子を持つことへの楽しみや勇気へと変わっていきました。

最後に、「自分に似ていない子供を可愛いと思えるか」についてですが、卵子提供如何に関わらず、母親は誰でも、妊娠、出産、そして育児を通じて、その愛情は育まれるものなんだと気づきました。

今ではもう可愛くて可愛くてたまりません。
正直、産まれてくるまで、ずっとずっと、子供の容姿の事が気になっていました。
ところが、産まれたばかりの娘を初めて抱いた時、容姿云を越えて、その感触に心から愛おしいと感じました。
気になっていた容姿も、希望以上にとても可愛いです。
結論、卵子提供は、私にとって、ポジティブで明るくて楽しい経験になりました。いつの日か、日本でも、この話題が、よりオープンになる日が来るといいなぁと思います。


次回に続きます。
続きを読む

金曜日, 2月 01, 2019

【2019年卵子提供 大阪説明会のお申し込み開始】



2019年卵子提供 大阪説明会のお申し込みを開始いたしました!!

お申込みはこちらから⇩⇩⇩
https://jp.icryobank.com/japanseminar/

お申し込みの際は、氏名、電話番号、メールアドレスお間違いないようご確認のうえ、
お申し込みくださいますようお願い申し上げます。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

明日、2/2-2/10まで旧正月のため、当院休診いたします。


上記期間のお問い合わせにつきましては、旧正月以降の返信とさせていただきます。

ご了承くださいませ。
続きを読む

月曜日, 1月 21, 2019

春節(旧正月)の休診について



こんにちは、コウノトリ生殖医療センターです。

台湾は日本とは異なり、旧暦が採用されています。
そのため、こちらは間もなくお正月を迎えます。


2月の初旬は、旧暦のお正月(春節)のため以下の日程で当院もお休みをいただきます。



2月2日(土)~2月10日(日)


この期間は、初診や移植の予約はできませんのでご注意ください。
既に治療に入られている方への緊急の対応などを除き、メールのお問い合わせへの返信も基本的には2月11日(月)以降となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願いいたします。
続きを読む

土曜日, 1月 19, 2019

当院を初めてご来院される方へ




コウノトリ生殖医療センターより
当院を初めてご来院される方へのお願いです。


当院は完全予約制となっております。

治療に関するご説明、院内見学、診察をご希望の際は
ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

当院公式サイトのご登録がお済みでない方は以下のサイトより、ご登録をお済ませ下さい。
https://jp.icryobank.com/page/start-cure?dialog=new

ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。



コウノトリ生殖医療センター
続きを読む

水曜日, 1月 09, 2019

43歳の彼女の治療方法(後編) 

-更に進んだ個人化治療 PGS+ERA-



今年47歳の彼女に残されたのは、たった1個の正常な胚盤胞。
確信と最後の希望を胸に抱き、移植へ。果たして妊娠の結果は….(2018年11月22日  頼興華医師)






彼女は1年を費やし、10回もの採卵をし、13個の卵子から5個の胚盤胞ができました。
そのうち6回は胚盤胞に成長することはできず、移植も凍結もできませんでした。
この問題は胚盤胞を培養するうえで最も怖いものです。
外見で人を欺き、胚盤胞がきれいに見えても、どれだけ胚盤胞に期待をしていても、15日待ち、妊娠結果が「陰性」とに変わる悲しさ。
勇気を奮い、先生にこう尋ねました「どうしてですか?」
得られる答えは一律して同じで、
「可能性として」染色体が正常でなかったのかもしれない、移植時間が正しくなかったかもしれない、
免疫により着床に至らなかったかもしれない、炎症があったかもしれない…など。


根本の原因の真相が掴めないような回答で次の移植の手立てになるはずもありません。


原因がわからないのに、未来に期待できるでしょうか?
同じ方法を繰り返し、「賭け」をし、諦めるまでただひたすら挑戦します。


移植から妊娠確認までが最も緊張する時間です。
万が一、胚盤胞が正常でなかった場合、移植する必要があるでしょうか?
正常でない胚盤胞を移植することは、「意味のない」医療行為です


なぜ、お互い貴重な時間を無駄にしてしまうのでしょうか?
「個人に合わせて選んだ」1つの染色体正常な胚盤胞、「適切な移植時間」に移植することが一番大事です


彼女はとても幸運でした。
13個の卵子から5個の胚盤胞になったのです。
さらに、5個の胚盤胞のうち、2個は染色体異常のない、正常な胚盤胞でした。
この結果は、今までの医学文献と私たちの経験を超える結果でした。
素晴らしい結果の陰には必ず他の人が知らない秘密ありました。


45歳のとき、彼女は正常な胚盤胞を1つ移植しましたが、妊娠判定は陰性でした。
同じように黄体ホルモン投与後の120時間後に移植を行っていました。
問題は、「本当にどの女性も同じかどうか 」です。
研究によると、30%の方は異なるといわれています着床の窓が132時間、144時間、あるいは108時間、96時間など。
3人に1黄体ホルモン投与時間は120時間ではないため、すべての女性を同一のの時間に移植するのは、いかに愚かでしょう



2016年、当院でERA検査(子宮内膜着床能検査)を開始いたしました。
陰性の判定後、19か月の間治療をストップし、このERA検査を受けることにしました。

結果は、1/3の特異グループである黄体ホルモン補充後144時間後の移植が最適であるという結果でした。
原因は、移植時間にありました。

最後の1個の胚盤胞を移植し、47歳の彼女は妊娠できると確信し、移植に臨みました。
結果、妊娠判定結果はβHCG26372018105日、健康的な女の子を出産しました。



4年もの歳月をかけて、彼女はついに赤ちゃんを抱くことができました。
彼女はどのようにして妊娠に至ったのでしょうか?
個人に合わせた移植 PGSERAが「鍵」となりました。
もし、ERA検査を行わず、二度目の移植をしていたら妊娠判定は陰性に終わっていたことでしょう


高齢でも13個の卵子から2個の正常な胚盤胞ができたこと、あなたはどう解釈しますか?

答えは、更に進んだ個人化治療にありました。  



●関連する文章





賴興華 医師のコメント

評語圖片




47LさんAMH<0.1310回にわたる採卵治療の記録


47Lさんの体外受精移植の状況




47LさんERA検査の報告書

 


出産に必要な費用は最も重要です。
5つの方法から、有効な方法がどれであるか比べてみましょう。
これは仮に設定したモデルプランです。35歳で採卵し、15個の卵子を凍結してあるものと仮定しています。
*費用はすべて台湾ドルです。












●費用の比較




<医師のコメント>

1. 仮に、Lさんの着床の窓が120時間だった場合、上記の図表が成立します。
   ただ、Lさんは一般の方と異なる144時間でしたので、体外受精+PGS+ERA以外の可能性、すべて成立できません。
 すべてが無駄になってしまう他に、卵子提供費用53万台湾ドルがかかってしまいます。

2. もし、5組とも先にERA検査をする場合、他の4組は49,000万台湾ドルの追加費用がかかります。
結果、更に進んだ個人化治療(体外受精+PGS+ERA)が費用を抑えられる計算となりました。

3. Lさんがかかった合計費用は776000台湾ドルです。
そのうち、2回の採卵+胚培養+移植+2つの胚盤胞のPGS費用、約299000台湾ドルは無駄となってしましました。
原因として、最初からERA検査を受けなかったことが挙げられます。

4、最も費用が抑えられる方法は、若いうちに卵子凍結をしておく方法です。



続きを読む

Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com