卵子提供治療の費用


○卵子提供費用

※いずれか一つを選択
項目 費用 内容
卵子バンク 48万台湾ドル 卵子融解費、体外受精費、培養費、胚盤胞凍結費用*1、
薬代、問診費、ドナー栄養費など
新鮮卵子 42万台湾ドル 体外受精費、培養費、胚盤胞凍結費用*1、
薬代、問診費、ドナー栄養費など
*1胚盤胞の凍結保存費用として2年目以降は毎年8,000元が発生いたします。保存個数にかかわらず金額は同額です。1年目の保存費用は卵子提供費用に含まれております。

「卵子バンク」と「新鮮卵子」の違いについては、以下をご覧ください。
卵子バンク(凍結卵子)と新鮮卵子の違いについて

○検査費用

移植手術をする前に、全ての検査を受けていただく必要がございます。
2年以内に検査を行っており結果が正常であった場合は、検査結果を提出していただければ改めての検査は不要です。
項目費用内容
子宮鏡7,000台湾ドル2年以内の正常な検査結果があれば、再検査は不要です
卵管造影2,500台湾ドル
子宮頚部の細菌検査2,800台湾ドル
精子検査と凍結10,500台湾ドル
自己免疫検査5,100台湾ドル
ご夫婦の血液型検査300台湾ドル× 2初診時に必ず当院で実施
ご夫婦のエイズ、梅毒検査1,300台湾ドル× 2初診時に必ず当院で実施

○融解胚移植費用

患者様の状況により、処方するお薬の種類や量は変わります。
項目費用内容
凍結胚移植5-6万台湾ドル移植手術+移植後の薬代
1-2万台湾ドル妊娠後の薬代

○海外サービス費用

項目費用内容
海外サービス服務費8万台湾ドル書類作成代行、四親等表審査と治療許可申請手続き、
治療についてのカウンセリングなど


総額は、50万~62万台湾ドル。日本円で概ね210~250万円となります。


1度目の移植で妊娠にいたれず、残っている胚盤胞を再度移植する場合の費用は「融解胚移植費用」の移植手術費用のみとなります。
2度目の移植に際して別途検査などを行う場合は、それぞれの費用が発生いたします。


Social Profiles

Twitter Facebook Google Plus

プロフィール


送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター
新竹本院
住所:新竹市忠孝路80號
電話:+886-3-573-5292
メール:jp_service@icryobank.com
Line@:@kounotori_jp

院内の様子

リンク

人工生殖施行結果分析報告
-台湾衛生福利部2018年発行

Copyright © 台湾卵子提供-コウノトリ生殖医療センター | Powered by Blogger
Design by Lizard Themes | Blogger Theme by Lasantha - PremiumBloggerTemplates.com